浴室リフォーム 失敗

お風呂の蛇口を交換するには

 

お風呂の蛇口を閉めても水がぽたぽたと止まらないなんて事があるとは思いますが、そもそもお風呂の蛇口から水漏れをしてしまう原因というのは何か知っていますでしょうか。水漏れが止まらないと水道代などにも関わってくると思い、心配になる方もいらっしゃいますが、どこに修理を頼めばいいのか、そして修理費用はどのくらいかかるのかという不安も出てきて困るでしょう。ちなみに、そもそも蛇口の寿命は10年〜15年といわれており、そのくらいからトラブルが起きるといわれています。ただ、自分で直すことも出来るので、やってみてはいかがでしょうか。

 

風呂の水栓の種類についてですが、2ハンドル混合栓、サーモスタット式混合水栓というものがあります。まず、2ハンドル混合栓についてですが、これは水とお湯を混ぜて温度調整するタイプの水栓であり、ハンドルが2つあり、ちょうどいい温度にするには水を出しながら微調整をする必要があります。手間がかかりますが水圧も機体でき、修理もメンテナンスしやすいので長持ちしやすいです。

 

次にサーモスタット式混合水栓ですが、これは最近の住宅によく使われているもので、レバー一つで温度調整が出来るので、非常に使い勝手がよく開閉も簡単に出来るというのが特徴になります。基本的にこちらの水道であるという場合が今ではほとんどでしょうし、また壁から給水管が出ており、場所をとらないので使いやすいというのも特徴の一つとなるでしょう。この種類をしり、業者に頼んで変えるといいでしょう。

 

浴室暖房の電気代について

 

冬のお風呂というのは、浴室が寒くてなかなか入る気になれないことが多いですが、浴室暖房があれば、浴室を暖めてくれますので、あの寒さを軽減することができます。しかし、そんな浴室暖房の電気代というのは実は意外とかかるといわれており、どのくらいかかるのかについて説明します。何気なく使っているという方は、しっかりと浴室暖房の電気代について把握しておくといいでしょう。

 

浴室暖房というのは非常に便利ではありますし、これによってお風呂に入る気力が出来るなんてこともあるとは思います。ですが、この浴室暖房の電気代って把握していますでしょうか。実はドライヤーと同じくらい高いといわれており、油断すればすぐに上がってしまいます。ではそんな電気代というのは具体的にどのくらいなのでしょうか。

 

ではどのくらいの電気代を使ってしまうのかについてですが、暖房が1300Wと考えると1日あたり2時間つかって1ヶ月で78kwh、27円/kwhと考えれば78×27で2106円ということになります。つまり、浴室暖房の電気代は一ヶ月で約2100円程かかるということになります。今の電気代から更にこの費用が上乗せされるということになりますので覚えておきましょう。さらに浴室乾燥がついていたら、当然ながら、さらに費用がかかってしまいますので、そこで負担になってしまうことがあります。ですので、取り付けるだけではなく、きちんと電気代のことも考えた上で設置を検討することをオススメします。

 

浴室の換気扇を交換したい場合

 

浴室に必要不可欠なものといえば換気扇もその一つであり、この換気扇によって湿気が篭るのを防いで、カビが生えるということを防いでくれます。お風呂の清潔さを保つ上で非常に重要な役割を担っているものだということを認識してください。そして今では高い機能の換気扇もあるので、この換気扇について理解しておくといいでしょう。

 

換気扇の交換時期についてですが、まず交換するタイミングをしっかりと把握しておきましょう。浴室換気扇というのは電化製品になりますので、そもそも寿命があり基本的には8〜10年といわれており、この年数を過ぎるとファンやモーターに摩擦や劣化が出てきてしまうといわれています。目立った不具合がなかったにしても喚起能力が低下している可能性が高いんで修理や新しいものに変えるなど検討してみてるといいでしょう。

 

具体的な経年劣化の際の機能低下の症状としては回転音が非常に大きい、異音や振動や異臭がする、ファンが回っているのにも関わらず換気されない、電源を入れても動かないというものがあります。そして、そんな故障を引き起こす原因についてですが、これは例を挙げるとサビが原因になることが多く、ファンだけでなく、モーターまで錆びてしまうことでこういった症状が出てくることもありますし、またホコリやゴミがファンに溜まることでも引き起こされることがあります。こういったような症状が出てきた場合は交換するタイミングとなりますので、検討してみるといいでしょう。

 

お風呂にテレビをつけたい場合

 

お風呂というのは一日の内でリラックスタイムに該当するところになりますが、そこにテレビがあれば、さらに楽しいひと時になると思います。しかし、お風呂にテレビを取り付けるにはどうすればいいのかという疑問が生じてくると思いますし、また自分で取り付けることは出来るのかという疑問も出てくるでしょう。どうやってお風呂にテレビを取り付けることができるのかについて紹介したいと思います。

 

お風呂でテレビを見る方法としては壁掛け式もしくは埋め込み式のテレビの設置、もしくはポータブルタイプのテレビを持ち込むという方法に分けられます。それぞれの違いについて簡単に説明しますが、まず壁掛け式というのは最近薄型テレビが普及したことで割りと多く、自分で設置することも出来ますが、トラブルが起こることを考えたら業者に頼むのが安心でしょう。
埋め込み式は安定感があり、高級感があります。画質も室内テレビと同等のクオリティで見ることができます。そしてポータブルは費用を最小限に抑えられるというメリットがあります。

 

ちなみに、携帯でいいのではと思っている方もいらっしゃいますが、実はお風呂では電波が入りにくいといわれています。そもそも電波というのは建物、壁といったような障害物に当たることで反射してしまう性質があり、この反射を繰り返すことによって届きにくくなってしまいます。wi-fiを設置していたとしても壁が多い浴室であれば、どうしてもデータを受信しづらくなるということが考えられるでしょう。ですので携帯ではなかなか見れないということを覚えていてください。

 

家庭でジェットバスリフォームをする場合

 

身体の疲れをお風呂で癒したいと思われている方は多くいらっしゃると思いますが、その上でジェットバスを取り付けたいと考えている方も多くいらっしゃると思います。お風呂のリフォームを考えているのであれば、是非、この機会にジェットバスを設置してみてはいかがでしょうか。ですが、取り付けるにも色々と知りたいことがあると思いますので、ジェットバスを取り付ける際に必要なことについて説明したいと思います。

 

そもそもジェットバスというのは何かというのを簡単に説明しますが、これはお湯を勢いよく噴出することによって体に刺激を与え、マッサージ効果、血行促進効果などによって美容や健康にもいいものになります。お湯が噴出す穴の位置、数、水量などというのはジェットバスの種類によって違ってきますし、また、サイズもあらゆるものがありますが、家庭用としては湯ビットバスにジェットバスの機能が付属しているというタイプが人気となります。

 

バスルームのリフォームと一緒にジェットバスを設置するのであれば、ユニットバスのオプションを利用するというのが一番簡単な方法であり、オプションとしてジェット機能付きの浴槽を選べるタイプがあり、追加費用として15〜30万円程かかります。通常のユニットバスが50〜100万くらいするのであれば、さらにここからジェットバス設置の追加費用が加算されるということになりますので覚えておきましょう。あらゆる方法がありますので、選ぶ際にはしっかりと吟味して選ぶようにすることをオススメします。